日本版「Xiaomi 13T Pro」のスペック・特徴・価格情報!おサイフ&防水・防塵対応のフラグシップスマホ!

リンクの一部には広告が含まれています。

この記事には、日本版「Xiaomi 13T Pro」のスペック・特徴・価格情報を紹介しています。

やすスマ

どうも、ガジェットブロガーのやすスマ(X:@yasu_suma)です。

ハイスペックXiaomiスマホの新モデルがいよいよ日本でリリース。日本版「Xiaomi 13T Pro」は、ソフトバンク版とオープンマーケット版がラインナップされています。

目次

日本版「Xiaomi 13T Pro」のスペック・特徴・価格情報!

日本版「Xiaomi 13T Pro」のスペック・特徴・価格情報!

Xiaomiは、2023年12月に「Xiaomi 13T Pro」を日本向けにリリースすることを発表していました。

日本版「Xiaomi 13T Pro」は、ソフトバンク版とSIMフリー版がラインナップ。基本スペックは同じです。

なお、同じシリーズの「Xiaomi 13T」はau/UQ mobileからリリースされます。

Xiaomi 13Tシリーズの上位モデル「Xiaomi 13T Pro」の特徴をさくっとチェックしておきましょう。

日本版「Xiaomi 13T Pro」はDimensity 9200+搭載のハイスペックスマホ!

日本版「Xiaomi 13T Pro」はDimensity 9200+搭載のハイスペックスマホ!

「Xiaomi 13T Pro」は、144Hz対応の6.67インチ1.5K有機ELディスプレイ(2712×1220)を搭載。

フラットタイプのディスプレイで、ピーク輝度は2600nitとなかなかハイレベル。高精細ディスプレイで、明るく鮮やなきめ細かい画面表示が楽しめます。

リフレッシュレートは最大144Hzに対応し、30/60/90/120/144Hzの可変リフレッシュレートで滑らかな画面表示と省電力性を両立しています。

なお、フラットタイプのディスプレイで、狭額縁デザインによる高い没入感も期待できます。

スピーカーはDolby Atmos対応のステレオ、指紋認証センサーは画面内に搭載。顔認証にも対応しています。

ハイエンドSoC「Dimensity 9200+」搭載のハイパフォーマンスが魅力!

ハイエンドSoC「Dimensity 9200+」搭載のハイパフォーマンスが魅力!

「Xiaomi 13T Pro」はSoCに「Dimensity 9200+」を採用。同SoC搭載の日本未発売スマホ「Redmi K60 Ultra」の公表AnTuTu V10ベンチマークスコアは1,774,714。

公表スコアはSnapdragon 8 Gen2搭載機と同等レベルで、発売時点で国内スマホで最高クラスのパフォーマンスが期待できます。

「Xiaomi 13T Pro」実機でチェックしたところ、AnTuTu V10ベンチマークスコアは150万オーバーをマークしています。

ライトな用途はめちゃくちゃ快適で、ゲームなどのヘビーな用途をしっかり楽しみたい場合にも魅力的なパフォーマンスです。

RAM容量は12GB(LPDDR5X)、内部ストレージ容量は256GB(UFS4.0)。microSDカードは挿すことができません。

LPDDR5X+UFS4.0の最新規格の組み合わせもフラグシップらしいところです。

OIS対応の1/1.28″センサー搭載のメインカメラ!望遠カメラも有り!

OIS対応の1/1.28″センサー搭載のメインカメラ!

「Xiaomi 13T Pro」の背面には5000万画素(24mm標準 1/1.28″ IMX707 F1.9 OIS)+1200万画素(15mm広角 1/3.06″ F2.2)+5000万画素(50mm望遠 1/2.88″ OV50D F1.9)のトリプルカメラを搭載。

メインカメラが大きめセンサーで、望遠カメラも搭載するなど強力なカメラ構成になっています。

なお、日本版は非ライカコラボカメラです。諸事情でグローバル版とは異なり、ライカコラボではなくなっています。

120W急速充電対応で最短19分でフル充電可能

120W急速充電対応で最短19分でフル充電可能

「Xiaomi 13T Pro」は、バッテリー容量が5000mAhで、120Wの急速有線充電に対応。最短19分でフル充電可能とのこと。なお、ワイヤレス充電には対応していません。

120W充電対応のACアダプターが同梱されています。ACアダプターが非同梱のXiaomi 13Tとは異なっているポイントです。

ボディカラーは、ブラック、グリーン、ブルーの3色展開。ブルーはレザー調の背面デザインになっています。

おサイフケータイ&防水・防塵対応!

日本版「Xiaomi 13T Pro」はグローバル版同様にIP68レベルの防水・防塵に対応。さらにおサイフケータイ(FeliCa)対応の日本ローカライズ有りです。

日本市場でニーズの高いおサイフ&防水・防塵に対応していることが魅力になるでしょう。

日本版「Xiaomi 13T Pro」の価格・発売日!ソフトバンク版とSIMフリー版!

日本版「Xiaomi 13T Pro」の価格は以下の通り。

「Xiaomi 13T Pro」の価格
  • ソフトバンク版 114,480円
  • SIMフリー版 109,800円

SIMフリー版は前モデル「Xiaomi 12T Pro」と同等の価格設定ですが、RAMとストレージが容量アップしています。

グローバル版「Xiaomi 13T Pro」の公表価格は799ユーロ(約12.9万円)~。おサイフケータイ対応のローカライズ有りを考えると納得できる価格設定。

MNOではソフトバンクが独占取り扱いです。SIMフリー版が少しだけ安いですが、ソフトバンク版は返却プログラムでオトクに設定されています。

ソフトバンク版は13ヶ月目の端末返却で実質12円から!

ソフトバンク版はMNP等の割引と新トクするサポート(スタンダード)を活用で、25ヶ月目に端末返却すると実質負担金24円の設定が用意されています。

Xiaomiの国内フラグシップスマホが破格でおよそ2年利用できることは魅力です。

\販売情報をチェック/

IIJmioなどのMVNOでセール特価あり!

SIMフリー版「Xiaomi 13T Pro」はIIJmioなどのMVNOでも取り扱い。

IIJmioやmineoなどでセール特価の対象機種になっています。MVNOでのセールにも注目です。

\今ならスマホ特価セール/

ソフトバンク版とSIMフリー版が同日発売!

日本版「Xiaomi 13T Pro」の発売日は2023年12月8日。ソフトバンク版とSIMフリー版が同じ日に発売されています。

グローバル版が2023年9月に海外で発表されていて、日本ローカライズ有りと考えるとなかなかスピーディな展開です。

日本版「Xiaomi 13T Pro」のスペック・対応バンド

日本版「Xiaomi 13T Pro」の主なスペックは以下のとおりです。

「Xiaomi 13T Pro」のスペック
  • ディスプレイ:144Hz 6.67インチAMOLED(2712×1220)
  • SoC:Dimensity 9200+
  • RAM:12GB
  • ROM:256GB
  • カメラ:REAR:50MP+50MP+12MP FRONT:20MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac/ax
  • 指紋センサー:○(画面内)
  • USB:Type-C
  • バッテリー:5000mAh
  • サイズ:76(W)×162(H)×8.5/8.6(D) mm
  • 重量:206g/200g

SIMフリー版「Xiaomi 13T Pro」の対応バンドは以下のとおりです。

SIMフリー版「Xiaomi 13T Pro」の対応バンド

5G:n3/28/41/77/78
4G:LTE FDD:B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28
4G:LTE TDD:B38/39/40/41/42
3G:WCDMA:1/2/4/5/6/8/19
2G:GSM:850 900 1800 1900MHz

当然ながら日本での使用にフィットする充実の対応バンド構成です。

なお、ドコモ5Gのn79には非対応です。このあたりは海外メーカーのスマホの多くと同じです。

日本版「Xiaomi 13T Pro」はnanoSIM+eSIMのデュアルSIMに対応しています。

created by Rinker
xiaomi(シャオミ)
¥98,632 (2024/04/23 19:41:50時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ:日本版「Xiaomi 13T Pro」のスペック・特徴・価格情報!

まとめ:日本版「Xiaomi 13T Pro」のスペック・特徴・価格情報!

以上、日本版「Xiaomi 13T Pro」のスペック・特徴・価格情報についてまとめておきました。

Xiaomiスマホの国内フラグシップの新モデルがついにリリースです。グローバル版と比較すると非ライカになっていますが、スペックに大きな変更はありません。

従来モデルはSnapdragonで、本モデルがDimensityに変更されています。SoCにこだわりがある場合にどのように判断するかもポイントです。

海外では「Xiaomi 14」シリーズが発表済み!

中国ではXiaomi 14シリーズが発表済みですが、2024年2月時点では、グローバル市場では「Xiaomi 13T Pro」が最新フラグシップです。

なお、「Xiaomi 14」シリーズの日本発売はアナウンスされていません。

「Xiaomi 13T Pro」と前モデル「Xiaomi 12T Pro」のスペック比較

オープンマーケット版で「Xiaomi 13T Pro」と「Xiaomi 12T Pro」のスペックを比較したものが以下のとおりです。

Xiaomi 13T ProXiaomi 12T Pro
ディスプレイ144Hz 6.67″AMOLED120Hz 6.67″AMOLED
解像度2712×12202712×1220
SoCDimensity 9200+Snapdragon 8+ Gen1
RAM12GB8GB
ROM256GB128GB
背面カメラ50MP+12MP+50MP200MP+8MP+2MP
前面カメラ20MP20MP
指紋認証画面内画面内
バッテリー容量5000mAh5000mAh
急速充電120W有線120W有線
サイズ(mm)76×162×8.5/8.676×163×8.8
重量206g/200g205g
おサイフケータイ対応対応
防水防塵IP68IP53
価格109,800円109,800円

防水・防塵性能がIP68レベルにアップグレードサれています。

参考になれば幸いです!

おすすめ記事

「Xiaomi 13T Pro」情報をご覧頂いた方におすすめの記事を用意しました。ぜひ合わせてご覧ください。

「Xiaomi 13T Pro」アンケート

「Xiaomi 13T Pro」についてのアンケートを実施しています。よろしければ投票してみてください。

「Xiaomi 13T Pro」アンケート

「Xiaomi 13T Pro」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

SOURCE

Xiaomi 13T Pro

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次