えぐコスパ!「Redmi K70」のスペック・特徴・価格情報まとめ!Snapdrgon 8 Gen2搭載【日本発売期待】

リンクの一部には広告が含まれています。

この記事にはXiaomiが海外発表の5Gスマートフォン「Redmi K70」情報を紹介しています。

やすスマ

どうも、ガジェットブロガーのやすスマ(X:@yasu_suma)です。

Snapdragon 8 Gen2搭載で、Redmi Kシリーズらしいエグいコスパをもったパッケージです。

目次

えぐコスパ!「Redmi K70」のスペック・特徴・価格情報まとめ【日本発売期待】

えぐコスパ!「Redmi K70」のスペック・特徴・価格情報まとめ【日本発売期待】

Xiaomiは、2023年11月29日に新型スマートフォン「Redmi K70」を中国で発表。Redmi K70 ProとRedmi K70eも同時に発表しています。

「Redmi K70」は前世代ハイエンドSoC搭載の人気のコスパハイエンドモデルになっています。

120Hz対応の高解像度AMOLEDディスプレイ

120Hz対応の高解像度AMOLEDディスプレイ

「Redmi K70」は、120Hz対応の6.67インチAMOLEDディスプレイ(3200×1440)を搭載。

公称のピーク輝度は公称4000nitとハイレベルで、フラグシップスマホ並みのディスプレイ解像度です。

スピーカーはステレオで、指紋認証センサーは画面内に搭載。

Snapdragon 8 Gen2搭載でAnTuTuベンチマークスコアは171.7万!

Snapdragon 8 Gen2搭載でAnTuTuベンチマークスコアは171.7万!

「Redmi K70」のSoCは「Snapdragon 8 Gen2」を採用。1世代前のハイエンドSoC搭載で、AnTuTu V10ベンチマークは1,717,026とのこと。

3Dゲーム用途も含めて、多くのユーザーが満足できるハイパフォーマンスです。

RAM容量は12GB/16GB(LPDDR5X)、内部ストレージ容量は256GB/512GB/1TB(UFS 4.0)。

OIS対応の1/1.55インチセンサーカメラ搭載!

OIS対応の1/1.55インチセンサーカメラ搭載!

「Redmi K70」の背面には5000万画素(標準 1/55″ Light Hunter 800 OIS)+800万画素(広角)+200万画素(マクロ)のトリプルカメラを搭載。

OIS対応で1/1.55インチセンサー採用の標準カメラがそこそこ強力で、その他のカメラは大きな特徴なし。

ミドルレンジスマホ水準のカメラスペックです。カメラはそれなりに撮れれば良い場合にはフィットします。

大容量5000mAhバッテリー&120W急速充電

大容量5000mAhバッテリー&120W急速充電

「Redmi K70」のバッテリー容量は5000mAhで、120Wの急速有線充電に対応。

日本での「神ジューデン」レベルの急速充電で、18分でフル充電可能。ワイヤレス充電は非対応ですが、文句ない充電速度を備えています。

防水・防塵性能についての公式記載はありません。Redmi Note 13 Pro+ 5GがIP68防水・防塵対応であるので、残念に感じるポイントです。

ボディカラーはブラック、ホワイト、グリーン、パープルの4色展開。コスパハイエンドスマホで充実のカラバリは魅力になります。

「Redmi K70」の価格

「Redmi K70」の価格は以下の通りです。

「Redmi K70」の価格
  • 12GB+256GBモデル 2499元(約5.3万円)
  • 16GB+256GBモデル 2699元(約5.7万円)
  • 16GB+512GBモデル 2999元(約6.3万円)
  • 16GB+1TBモデル 3399元(約7.2万円)

Snapdragon 8 Gen2搭載機でこの価格設定はいい意味で強烈。Redmi K70のグローバル展開を期待したくなります。

「Redmi K70」のスペック・対応バンド

「Redmi K70」の主なスペックは以下のとおりです。

「Redmi K70」のスペック
  • OS:Android (Xiaomi HyperOS)
  • ディスプレイ:6.67 インチ(3200×1440)
  • SoC:Snapdragon 8 Gen2
  • RAM:12GB/16GB
  • ROM:256GB/512GB/1TB
  • カメラ:REAR:50MP+8MP+2MP FRONT:16MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac/ax
  • 指紋センサー:○(画面内)
  • USB:Type-C
  • バッテリー:5000mAh
  • サイズ:74.95(W)×160.86(H)×8.21(D) mm
  • 重量:209g

「Redmi K70」の対応バンドは以下のとおりです。

「Redmi K70」の対応バンド

5G: n1/n3/n5/n8/n28a/n38/n41/n48/n66/n77/n78
4G:FDD-LTE:B1/B3/B4/B5/B8/B18/B19/B26/B28A/B66
TDD-LTE:B34/B38/B39/B40/B41/B42/B48
3G:WCDMA:B1/B4/B5/B6/B8/B19
2G: GSM: B3/B5/B8; CDMA 1X: BC0

「Redmi K70」の対応バンドはかなり充実。そのまま日本市場にもフィットする対応バンド構成です。

\今ならスマホ特価セール/

まとめ:えぐコスパ!「Redmi K70」のスペック・特徴・価格情報まとめ【日本発売期待】

まとめ:えぐコスパ!「Redmi K70」のスペック・特徴・価格情報まとめ【日本発売期待】

以上、Xiaomiが海外発表の5Gスマートフォン「Redmi K70」情報について紹介しておきました。

人気のコスパハイエンドの注目スマホであることは間違いありません。十分なパフォーマンスで価格は驚くほど手頃です。

側面にメタルフレーム採用など、デザインにもそこそこ力を入れている印象を受けます。

created by Rinker
xiaomi(シャオミ)
¥52,577 (2024/04/22 21:57:00時点 Amazon調べ-詳細)

「Redmi K70」の日本発売日は?

中国発表時点で、「Redmi K70」の日本発売はアナウンスされていません

同シリーズの「Redmi K70e」ベースと見られるPOCO X6 Pro 5Gがグローバル展開されています。

「Redmi K70」ベースのグローバルモデルが登場するかは今後の大注目です。

POCO F5シリーズの後継にぴったりと感じますが、実際にどうなるか楽しみですね!

「Redmi K70」ベースの「POCO F6 Pro」発表の噂【追記】

「Redmi K70」をベースとする新型スマートフォン「POCO F6 Pro」が2024年3月に発表されると噂されています。

高コスパに定評あるPOCOから新コスパハイエンドがリリースとなれば、大きな注目を集めそうです。

今後のPOCO公式の動きには注目しておきたいところです。

本記事の内容が参考になれば幸いです。

おすすめ記事

「Redmi K70」情報をご覧頂いた方におすすめの記事を用意しました。ぜひ合わせてご覧ください。

「Redmi K70」アンケート

「Redmi K70」についてのアンケートを実施しています。よろしければ投票してみてください。

「Redmi K70」アンケート

「Redmi K70」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

SOURCE

Redmi K70

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次