日本版「Zenfone 10」実機でAnTuTuベンチマークスコアをチェック!Snapdragon 8 Gen2搭載のコンパクトハイエンドのベンチスコアは?

リンクの一部には広告が含まれています。

この記事には日本版「Zenfone 10」実機でAnTuTuベンチマークスコアをチェックした状況を紹介しています。

やすスマ

どうも、ガジェットブロガーのやすスマ(X:@yasu_suma)です。

注目コンパクトハイエンド「Zenfone 10」実機のパフォーマンスが気になる場合は参考にしてみてください。

なお、ASUS Japanさんよりサンプル機をお借りしています。製品版と一部仕様が異なる可能性があります。

目次

日本版「Zenfone 10」実機でAnTuTuベンチマークスコアをチェック!

ASUS Japanの新型スマートフォン「Zenfone 10」は、2023年9月発売のハイエンドスマートフォン。

日本版はFeliCaローカライズ有りで、前モデル同様にニーズの高いFeliCa&防水・防塵対応の仕様に。貴重なコンパクトハイエンドとして注目が集まります。

SoCにはSnapdragon 8 Gen2を搭載。ハイエンド向けSoC搭載でAndroidで現状最高峰のパフォーマンスが期待できます。

では、さっそく日本版「Zenfone 10」のAnTuTuベンチマークスコアを計測した結果をチェックします。なお、使用機は8+256GBモデルです。

日本版「Zenfone 10」の実測AnTuTuベンチマークスコア

日本版「Zenfone 10」の実測AnTuTuベンチマークスコア

今回のAnTuTuベンチマーク計測にはアプリV9.5.7を使っています。V10使用時とはスコアが異なるので注意してください。

なお、ベンチマークスコアは3回連続で計測したので、スコアの安定性や発熱状況にも注目です。また、計測時にはデフォルトでパフォーマンスモードが有効になっています。

日本版「Zenfone 10」のAnTuTuベンチマークスコアの計測結果は以下のとおり。

実測AnTuTuベンチマークスコアはおよそ125万点

日本版「Zenfone 10」の実測AnTuTuベンチマークスコアはおよそ125万点(3回連続計測の平均値)。

さすがに最終計測では少しスコアが下がりましたが、全体的にはSnapdragon 8 Gen2機としては期待通りのスコアを叩き出しています。

5.9インチサイズでヘビーな用途にも十分に対応できるパフォーマンスはかなり魅力的です。

一方で、モニタリング温度が40℃を超えている場面があって発熱はかなり有り。実際に触ってみると、フレーム部分が特に熱くなっていて、上手く放熱していると見ることができるかもしれません。

もちろん、発熱で計測自体が途中で止まることは発生していません。

「Xiaomi 13T Pro」の実測AnTuTuベンチマークスコアと比較

Xiaomi 13T Pro
Xiaomi 13T Pro

2023年12月に日本発売の「Xiaomi 13T Pro」の実測AnTuTuベンチマークスコアも紹介しておきます。

「Xiaomi 13T Pro」は「Dimensity 9200+」搭載のハイスペックスマホ。Xiaomiの国内フラグシップモデルです。

「Xiaomi 13T Pro」の実測AnTuTuベンチマークスコア

「Xiaomi 13T Pro」のAnTuTu V9ベンチマークスコアは120万弱といったところ。

「Zenfone 10」にはわずかに届きませんが、かなり近いスコアです。もちろん、普段遣いでは非常に軽快に動作し、ヘビーなゲーム用途にも対応できます。

「Snapdragon 8 Gen3」搭載の「REDMAGIC 9 Pro」とスコア比較

REDMAGIC 9 Pro
REDMAGIC 9 Pro

Snapdragon 8 Gen3」搭載の「REDMAGIC 9 Pro」の実測AnTuTu V9ベンチマークスコアは以下の通り。

「REDMAGIC 9 Pro」の実測AnTuTu V9ベンチマークスコア

「Snapdragon 8 Gen2」よりも新世代のSoC搭載で、AnTuTuベンチマークスコアは30万強ほど上回っています

ベンチマークスコアにこだわる場合には「Snapdragon 8 Gen3」搭載機は魅力的です。

Androidデバイスの実測AnTuTu V9ベンチマークスコア

他のAndroidデバイスのAnTuTu V9ベンチマークのおよその実測スコア例は以下のとおりです。

機種名SoCAnTuTuスコア
REDMAGIC 9 ProSnapdragon 8 Gen31,620,000
Zenfone 10Snapdragon 8 Gen21,250,000
Xiaomi 13T ProDimensity 9200+1,200,000
Xiaomi 12T ProSnapdragon 8+ Gen 11,080,000
POCO X6 Pro 5GDimensity 8300-Ultra1,030,000
realme GT 2 ProSnapdragon 8 Gen 1990,000
POCO F5Snapdragon 7+ Gen2950,000
Xiaomi 13TDimensity 8200-Ultra826,000
Zenfone 8Snapdragon 888780,000
POCO X4 GTDimensity 8100760,000
Pixel 7aTensor G2680,000
POCO F3Snapdragon 870680,000
Redmi Note 13 Pro+ 5GDimensity 7200-Ultra620,000
Xiaomi 11TDimensity 1200-Ultra600,000
Pixel 6aTensor590,000
Nothing Phone (2a)Dimensity 7200 Pro580,000
POCO X3 GTDimensity 1100570,000
Xiaomi Pad 5Snapdragon 860570,000
Xiaomi 13 LiteSnapdragon 7 Gen1560,000
Mi 11 Lite 5GSnapdragon 780G500,000
realme 9 Pro+Dimensity 920490,000
OPPO Reno 10 Pro 5GSnapdragon 778G490,000
AQUOS sense8Snapdragon 6 Gen1470,000
Redmi Note 11 Pro 5GSnapdragon 695390,000
Redmi Note 13 ProHelio G99-Ultra390,000
Redmi 12 5GSnapdragon 4 Gen2390,000
OPPO Reno5 ASnapdragon 765G380,000
OPPO A79 5GDimensity 6020310,000

高速な内部ストレージも魅力!

高速な内部ストレージも魅力!

また、「Zenfone 10」の内部ストレージ速度も計測すると、2022年のフラグシップスマホ比で格段に速いです。このあたりは最新規格UFS4.0ストレージの威力を感じます。

ストレージ速度も体感に関わるので、実際に確認してみるとうれしい速さです。

created by Rinker
ASUS
¥102,800 (2024/04/22 19:06:08時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ:日本版「Zenfone 10」実機でAnTuTuベンチマークスコアをチェック!

まとめ:日本版「Zenfone 10」実機でAnTuTuベンチマークスコアをチェック!

以上、日本版「Zenfone 10」実機でAnTuTuベンチマークスコアをチェックした状況について紹介しておきました。

5.9インチAMOLEDのコンパクトボディのパフォーマンスが気になっている場合に参考にしてみてください。ヘビーな用途だけでなく、普段遣いの場面でも軽快な動作を体感できます。

コンパクトボディでめちゃ快適な動作!

コンパクトハイエンドであることを考えると、ゲーム訴求よりも、普段遣いでビビるぐらい快適であることが魅力的なポイントになると考えています。

FeliCa&防水防塵に対応していて、99,800円~の想定価格はASUSの日本市場への意気込みをビシバシと感じます。

Android最高峰のパフォーマンスをもつコンパクトハイエンドスマホの有力な選択肢になる場合は多いでしょう。

以上、参考になれば幸いです!

おすすめ記事

「Zenfone 10」情報をご覧頂いた方におすすめの記事を用意しました。ぜひ合わせてご覧ください。

「Zenfone 10」アンケート

「Zenfone 10」についてのアンケートを実施しています。よろしければ投票してみてください。

「Zenfone 10」アンケート

「Zenfone 10」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

SOURCE

Zenfone 10

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次