「OPPO Reno7 A」実機でのAnTuTuベンチマークスコア情報!Pixelスマホのベンチマークスコアと比較!

リンクの一部には広告が含まれています。

この記事にはOPPOの5Gスマートフォン「OPPO Reno7 A CPH2353」のAnTuTuベンチマークスコア情報について紹介しています。

やすスマ

どうも、ガジェットブロガーのやすスマ(X:@yasu_suma)です。

人気のReno Aシリーズの新モデルとして注目度の高い「OPPO Reno7 A」の性能や発熱が気になっている場合にはぜひ参考にしてみてください。

目次

「OPPO Reno7 A」実機でのAnTuTuベンチマークスコア情報!

「OPPO Reno7 A」のAnTuTuベンチマークスコア情報!

「OPPO Reno7 A」の大きな魅力は、なんといってもそのデザイン性の高さです。薄型軽量ボディで、日本初投入の背面加工技術「OPPO Glows」によるデザインが目を引きます。

一方で、「OPPO Reno7 A」のパフォーマンスが気になってくるところです。今回はAnTuTuベンチマークアプリV9を使ってその性能をチェックしてみます。

Redmi Note 11 Pro 5Gやmoto g52j 5Gシリーズと同じSoCを搭載

「OPPO Reno7 A」のSoCはSnapdragon 695 5Gを採用。Redmi Note 11 Pro 5Gやmoto g52j 5Gシリーズにも採用されているスタンダードミドルの代表的なSoCです。

AnTuTuベンチマークアプリを使って、3回連続で計測を行ってみました。負荷をかけたときのスコア変動や発熱状況もチェックしてみてくださいね。

「OPPO Reno7 A」でAnTuTuベンチマークスコアを3回連続で計測した結果は以下のとおりです。

「OPPO Reno7 A」のAnTuTuベンチマークスコアは38.7万

「OPPO Reno7 A」のAnTuTuベンチマークスコアは38.7万

実測での「OPPO Reno7 A」のAnTuTuベンチマークスコアはおよそ38.7万。連続計測していますが、スコアはかなり安定で、モニタリング温度も40℃を下回っています。

計測中に「OPPO Reno7 A」を触ってみてもほんのりとあたたかい程度。負荷をかけても安定していることは大切なポイントですね。

なお、AnTuTuベンチマークスコアは前モデル「OPPO Reno5 A」と大差ない結果です。「OPPO Reno7 A」でどのような用途を想定するかが大切なポイントかと。

このクラスのスマホではライトな用途が快適に使えることが最も大切なポイントです。「OPPO Reno7 A」はライトな用途であれば快適に使える性能をもっています。

一方で、3Dゲームをしっかり楽しみたい場合には性能上位のスマホを選ぶべきでしょう。

Google Pixle 6aのAnTuTuベンチマークスコアと比較

Google Pixle 6aのAnTuTuベンチマークスコアと比較

参考として、Googleのミドルスペックスマホ「Google Pixel 6a」のAnTuTuベンチマークスコアも紹介しておきます。

「Google Pixel 6a」のAnTuTuベンチマークスコア

Google Pixel 6aは、独自SoC「Google Tensor」搭載でミドルレンジでは性能上位です。AnTuTuベンチマークスコアはおよそ60万と「OPPO Reno7 A」を大きく上回っています。

このパフォーマンスであればライトに3Dゲームをプレイする場合も問題ありません。ミドルレンジでも基本性能に差があるので参考にしてみてください。

Androidデバイスの実測AnTuTu V9ベンチマークスコア

他のAndroidデバイスのAnTuTu V9ベンチマークのおよその実測スコア例は以下のとおりです。

機種名SoCAnTuTuスコア
REDMAGIC 9 ProSnapdragon 8 Gen31,620,000
Zenfone 10Snapdragon 8 Gen21,250,000
Xiaomi 13T ProDimensity 9200+1,200,000
Xiaomi 12T ProSnapdragon 8+ Gen 11,080,000
POCO X6 Pro 5GDimensity 8300-Ultra1,030,000
realme GT 2 ProSnapdragon 8 Gen 1990,000
POCO F5Snapdragon 7+ Gen2950,000
Xiaomi 13TDimensity 8200-Ultra826,000
Zenfone 8Snapdragon 888780,000
POCO X4 GTDimensity 8100760,000
Pixel 7aTensor G2680,000
POCO F3Snapdragon 870680,000
Redmi Note 13 Pro+ 5GDimensity 7200-Ultra620,000
Xiaomi 11TDimensity 1200-Ultra600,000
Pixel 6aTensor590,000
POCO X3 GTDimensity 1100570,000
Xiaomi Pad 5Snapdragon 860570,000
Xiaomi 13 LiteSnapdragon 7 Gen1560,000
Mi 11 Lite 5GSnapdragon 780G500,000
realme 9 Pro+Dimensity 920490,000
OPPO Reno 10 Pro 5GSnapdragon 778G490,000
AQUOS sense8Snapdragon 6 Gen1470,000
Redmi Note 11 Pro 5GSnapdragon 695390,000
Redmi Note 13 ProHelio G99-Ultra390,000
Redmi 12 5GSnapdragon 4 Gen2390,000
OPPO Reno5 ASnapdragon 765G380,000

想定用途に応じて、どのぐらいのパフォーマンスが必要であるかはしっかり判断したいところです。

まとめ:「OPPO Reno7 A」のAnTuTuベンチマークスコア情報!

まとめ:「OPPO Reno7 A」のAnTuTuベンチマークスコア情報!

以上、OPPOの5Gスマートフォン「OPPO Reno7 A CPH2353」のAnTuTuベンチマークスコア情報について紹介しておきました。

Snapdragon 695 5G搭載のスマートフォンとしては想定の範囲内のAnTuTuベンチマークスコアです。

ライトな用途中心で快適に使えるパフォーマンス!

「OPPO Reno7 A」はウェブ閲覧や動画視聴などのライトな用途であれば快適に使えるパフォーマンスを備えています。

また、薄型軽量なボディでありながら、負荷をかけてもそれほど発熱が気にならないことはとても重要なポイントですね。

「OPPO Reno7 A」のAnTuTuベンチマークスコアを知りたい場合の参考になっていれば幸いです!

おすすめ記事

「OPPO Reno7 A」情報をご覧頂いた方におすすめの記事を用意しました。ぜひ合わせてご覧ください。

SOURCE

OPPO Reno7 A

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次