おサイフ対応!日本版「moto g64 5G」情報まとめ!スペック・特徴・価格情報!

リンクの一部には広告が含まれています。

この記事にはモトローラが日本向け新製品として発表の「moto g64 5G」情報を紹介しています。

やすスマ

どうも、ガジェットブロガーのやすスマ(X:@yasu_suma)です。

おサイフケータイ(FeliCa)対応の日本ローカライズありで手頃な価格が魅力の5Gスマホです。

目次

日本版「moto g64 5G」情報まとめ!スペック・特徴・価格情報!

日本版「moto g64 5G」情報まとめ!スペック・特徴・価格情報!

モトローラは、2024年6月20日に日本新製品をとして「moto g64 5G」を発表しました。

日本でも積極展開のモトローラの日本新スマホの特徴やスペックをチェックしておきます。

120Hz対応の6.5インチ液晶ディスプレイ

120Hz対応の6.5インチ液晶ディスプレイ

「moto g64 5G」は、120Hz対応の約6.5インチ液晶ディスプレイ(2400×1080)を搭載。

安価なモデルではHD+解像度のものが存在しますが、「moto g64 5G」はしっかりとFHD+解像度です。

最大120Hzのリフレッシュレート対応で滑らかな画面表示が期待できます。

スピーカーはステレオで、指紋認証センサーはボディ側面に搭載。

MediaTek製SoC「Dimensity 7025」

MediaTek製SoC「Dimensity 7025」

「moto g64 5G」のSoCはMediaTek製の「Dimensity 7025」を採用。

50万前後のAnTuTuベンチマークスコアが予想され、ウェブ閲覧などのライトな用途で快適に動作することが期待できます。

RAM容量は8GB、内部ストレージ容量は128GB。外部メモリとしてmicroSDカードの使用をサポートしています。

「moto g64 5G」の背面には5000万画素(標準 F1.8 OIS)+200万画素(マクロ)のデュアルカメラを搭載。

主に撮影に使うのは標準カメラのみの実質単眼ですが、メインカメラが光学式手ぶれ補正(OIS)に対応していることが大きな特徴です。

一方で、広角カメラや光学望遠カメラは非搭載で、撮影用途の想定は重要なポイントです。

「moto g64 5G」のバッテリー容量は5000mAhで、30Wの急速有線充電に対応。なお、ACアダプターは非同梱です。

ボディカラーはスペースブラック、シルバーブルーの2色展開。

日本版はおサイフケータイ(FeliCa)に対応。防水防塵性能はIP52レベルです。

日本版「moto g64 5G」の価格・発売日

日本版「moto g64 5G」の公式オンラインストア価格は34,800円です。

スペック構成や昨今の為替状況から考えると、エントリースマホとしては納得感のある価格設定ではないでしょうか。

日本版「moto g64 5G」の発売日は2024年6月28日です。

MVNOでも取り扱いされていて、セール価格での販売があるので注目です。

\今ならスマホ特価セール/

「moto g64 5G」のスペック・対応バンド

「moto g64 5G」の主なスペックは以下のとおりです。

「moto g64 5G」のスペック
  • OS:Android 14
  • ディスプレイ:6.5 インチ(2400×1080)
  • SoC:Dimensity 7025
  • RAM:8GB
  • ROM:128GB
  • カメラ:REAR:50MP+2MP FRONT:16MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○(側面)
  • USB:Type-C
  • バッテリー:5000mAh
  • サイズ:73.82(W)x161.56(H)x7.99(D) mm
  • 重量:177g

「moto g64 5G」の対応バンドは以下のとおりです。

「moto g64 5G」の対応バンド

2G:-
3G:W-CDMA B1/B2/B4/B5/B8
4G:LTE B1/B2/B3/B4/B8/B11/B12/B17/B18/B19/B26/B28/B38/B41/B42
5G:n1/n3/n28/n41/n77/n78

当然ながら日本での使用に適した対応バンド構成です。ただし、ドコモ5Gのn79には非対応です。

まとめ:日本版「moto g64 5G」情報まとめ!スペック・特徴・価格情報!

まとめ:日本版「moto g64 5G」情報まとめ!スペック・特徴・価格情報!

以上、モトローラが日本向け新製品として発表の「moto g64 5G」情報について紹介しておきました。

2024年上半期のおよそ3.5万円スマートフォンとしてはバランスの良いスペックと感じます。

もちろん、広角カメラ非搭載や防水・防塵がIP52レベルといった部分が気になる場合はあるでしょうが、そのような場合は上の価格帯のスマホを検討すれば良いでしょう。

なお、RAM容量を4GBに変更でカラー追加の「moto g64y 5G」がワイモバイルからリリースされます。

本記事の内容が参考になれば幸いです。

\販売情報をチェック/

おすすめ記事

「moto g64 5G」情報をご覧頂いた方におすすめの記事を用意しました。ぜひ合わせてご覧ください。

「moto g64 5G」アンケート

「moto g64 5G」についてのアンケートを実施しています。よろしければ投票してみてください。

「moto g64 5G」アンケート

「moto g64 5G」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

SOURCE

moto g64 5G

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次