「Xiaomi 13 Lite」実機でAnTuTuベンチマークスコアをチェック!Snapdragon 7 Gen1の性能や発熱は?

リンクの一部には広告が含まれています。

この記事には「Xiaomi 13 Lite」実機でAnTuTuベンチマークスコアをチェックした状況を紹介しています。

やすスマ

どうも、ガジェットブロガーのやすスマ(X:@yasu_suma)です。

「Xiaomi 13 Lite」のベンチマーク性能や発熱状況が気になる場合にはぜひご覧ください。

目次

「Xiaomi 13 Lite」実機でAnTuTuベンチマークスコアをチェック!

「Xiaomi 13 Lite」実機でAnTuTuベンチマークスコアをチェック!

Xiaomi 13 Lite」は2023年2月にグローバル発表のミドルスペックスマートフォンです。

Mi 11 Lite 5Gでもお馴染みのXiaomiのナンバーモデルのLiteモデル。

SoCには「Snapdragon 7 Gen1」を搭載し、ミドルレンジではやや上位クラスの性能が期待できます。

今回はAnTuTuベンチマークアプリV9.5.7を使って3回連続でベンチマークスコアを計測。負荷のかかる連続計測で、スコアの変動や発熱状況にも注目です。

「Xiaomi 13 Lite」は約56万のAnTuTuベンチマークスコア!

「Xiaomi 13 Lite」は約56万のAnTuTuベンチマークスコア!

「Xiaomi 13 Lite」のAnTuTuベンチマークスコアは実測で約56万。モニタリング温度は40℃以下をキープし、連続計測でもベンチマークスコアはかなり安定しています。

なお、Snapdragon 780G搭載のMi 11 Lite 5GのAnTuTuベンチマークスコアはおよそ50万。大きなスコアアップでないことは理解しておきたいところです。

「Xiaomi 13 Lite」は薄型軽量ボディですが気になる発熱はありません。搭載SoCから考えると妥当なAnTuTuベンチマークスコアです。

ストレージ速度は可もなく不可もなく!

「Xiaomi 13 Lite」の内部ストレージの速度

合わせて、AnTuTuアプリで「Xiaomi 13 Lite」の内部ストレージの速度もチェック。こちらは可もなく不可もなくで、ファイルの読み書きで極端なストレスを感じることはないでしょう。

「Xiaomi 13 Lite」はヘビーな用途を除くと十分に軽快に動作するパフォーマンスです。では、他のミドルレンジスマホと比較しておきましょう。

Snapdragon 695 5G搭載のOPPO Reno7 AのAnTuTuベンチマークスコアと比較

Snapdragon 695 5G搭載のOPPO Reno7 AのAnTuTuベンチマークスコアと比較

比較スコアとして、Snapdragon 695 5G搭載のOPPO Reno7 AのAnTuTuベンチマークスコアをチェックしておきます。特にGPUスコアの差が大きいですね。

実際に使ってみても、Snapdragon 695 5G機と比べると「Xiaomi 13 Lite」の動作は明らかに軽快です。

Tensor搭載のGoogle Pixel 6aのAnTuTuベンチマークスコアと比較

Tensor搭載のGoogle Pixel 6aのAnTuTuベンチマークスコアと比較

「Tensor」搭載の人気ミドルレンジ「Google Pixel 6a」は、「Xiaomi 13 Lite」をやや上回るアベレージスコアです。

ただ、「Google Pixel 6a」のディスプレイは非ハイリフレッシュレート対応でもあり、実際に使うと動作速度の差をそれほど感じません。

Androidデバイスの実測AnTuTu V9ベンチマークスコア

他のAndroidデバイスのAnTuTu V9ベンチマークのおよその実測スコア例は以下のとおりです。

機種名SoCAnTuTuスコア
REDMAGIC 9 ProSnapdragon 8 Gen31,620,000
Zenfone 10Snapdragon 8 Gen21,250,000
Xiaomi 13T ProDimensity 9200+1,200,000
Xiaomi 12T ProSnapdragon 8+ Gen 11,080,000
POCO X6 Pro 5GDimensity 8300-Ultra1,030,000
realme GT 2 ProSnapdragon 8 Gen 1990,000
POCO F5Snapdragon 7+ Gen2950,000
Xiaomi 13TDimensity 8200-Ultra826,000
Zenfone 8Snapdragon 888780,000
POCO X4 GTDimensity 8100760,000
Pixel 7aTensor G2680,000
POCO F3Snapdragon 870680,000
Redmi Note 13 Pro+ 5GDimensity 7200-Ultra620,000
Xiaomi 11TDimensity 1200-Ultra600,000
Pixel 6aTensor590,000
Nothing Phone (2a)Dimensity 7200 Pro580,000
POCO X3 GTDimensity 1100570,000
Xiaomi Pad 5Snapdragon 860570,000
Xiaomi 13 LiteSnapdragon 7 Gen1560,000
Mi 11 Lite 5GSnapdragon 780G500,000
realme 9 Pro+Dimensity 920490,000
OPPO Reno 10 Pro 5GSnapdragon 778G490,000
AQUOS sense8Snapdragon 6 Gen1470,000
Redmi Note 11 Pro 5GSnapdragon 695390,000
Redmi Note 13 ProHelio G99-Ultra390,000
Redmi 12 5GSnapdragon 4 Gen2390,000
OPPO Reno5 ASnapdragon 765G380,000
OPPO A79 5GDimensity 6020310,000

ミドルレンジスマホでは、POCO X6 Pro 5GとPOCO F5のベンチマークスコアがかなり抜けたものになっています。

「Xiaomi 13 Lite」の購入を検討する場合には想定用途のチェックが重要です。

まとめ:「Xiaomi 13 Lite」実機でAnTuTuベンチマークスコアをチェック!

まとめ:「Xiaomi 13 Lite」実機でAnTuTuベンチマークスコアをチェック!

以上、「Xiaomi 13 Lite」実機でAnTuTuベンチマークスコアをチェックした状況をまとめておきました。

「Xiaomi 13 Lite」のAnTuTuベンチマークの実測スコアは56万。Liteモデルの想定ターゲットユーザーを考えると満足できるレベルのパフォーマンスをもっています。

「Xiaomi 13 Lite」の使い勝手の良さは魅力!

「Xiaomi 13 Lite」はミドルレンジとしては十分なパフォーマンスであることに加えて、軽量薄型ボディなどの使い勝手の良さが大きな魅力です。

また、エッジカーブディスプレイ採用でコンテンツを高い没入感で楽しめることも良いです。モノラルスピーカー搭載の残念ポイントはありますが、総合的にはなかなかバランスの良いスマホです。

筆者はグローバル版を購入しましたが、ぜひとも日本版の発売を期待したいところです。

以上、参考になれば幸いです!

「Xiaomi 13 Lite」のスペック

「Xiaomi 13 Lite」のスペック
  • OS:Android 12 (MIUI 14)
  • ディスプレイ:120Hz 6.55インチ有機EL(2400×1080)
  • SoC:Snapdragon 7 Gen1
  • RAM:8GB
  • ROM:128GB/256GB
  • カメラ:REAR:50MP+8MP+2MP+2MP FRONT:32MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac/ax
  • 指紋センサー:○(画面内)
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4500mAh
  • サイズ:72.7(W)x159.2(H)x7.23(D) mm
  • 重量:171g

おすすめ記事

「Xiaomi 13 Lite」情報をご覧頂いた方におすすめの記事を用意しました。ぜひ合わせてご覧ください。

SOURCE

Xiaomi 13 Lite

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次