エグ安!Nothing「CMF Phone 1」はギミック注目のミドルスペックスマートフォン!日本発売へ!

リンクの一部には広告が含まれています。

この記事にはNothingの新型スマートフォン「CMF Phone 1」情報を紹介しています。

やすスマ

どうも、ガジェットブロガーのやすスマ(X:@yasu_suma)です。

注目ギミック搭載のミドルスペックスマートフォンのスペックや特徴をまとめておきます。

目次

Nothing「CMF Phone 1」はギミック注目のミドルスペックスマートフォン!

「CMF Phone 1」はギミック注目のミドルスペックスマートフォン!

Nothingは、2024年7月8日に新型スマートフォン「CMF Phone 1」を発表しました。

NothingのバリューラインのCMFブランドからスマートフォンがリリースです。日本語版の製品ページも公開済みです。

120Hz対応の6.67インチAMOLEDディスプレイ

120Hz対応の6.67インチAMOLEDディスプレイ

「CMF Phone 1」は、120Hz対応の6.67インチAMOLEDディスプレイ(2400×1080)を搭載。

ハイリフレッシュレート対応で、公称ピーク輝度は2000nitsとハイレベル。指紋認証センサーは画面内に搭載しています。

「Dimensity 7300」搭載でAnTuTuベンチマークスコアは67.3万

「Dimensity 7300」搭載でAnTuTuベンチマークスコアは67.3万

「CMF Phone 1」のSoCは「Dimensity 7300」を採用。Nothing公表のAnTuTuベンチマークスコアは67.3万です。

ライトな用途であれば快適に動作するパフォーマンスが十分に期待できます。なお、「Nothing Phone (2a)」は「Dimensity 7200 Pro」を搭載していました。

RAM容量は8GB、内部ストレージ容量は128GB/256GB。microSDカード(最大2TB)を挿すことができます。

ソニー製センサー搭載の5000万画素カメラを搭載

ソニー製センサー搭載の5000万画素カメラを搭載

「CMF Phone 1」の背面には5000万画素(標準 F1.8)+200万画素(深度)のデュアルカメラを搭載。

ソニーの50MPカメラとアピールしていますが、具体的なセンサーは明らかになっていません。

広角カメラ非搭載で実質的には単眼カメラで、カメラが割り切り要素になっているようです。また、撮影メインの標準カメラのパフォーマンスが気になります。

大容量5000mAhバッテリーを搭載

大容量5000mAhバッテリーを搭載

「CMF Phone 1」のバッテリー容量は5000mAhで、33Wの急速有線充電に対応。ワイヤレス充電には非対応です。

2年間のAndroidメジャーアップデートと3年間のセキュリティアップデート対応が公言されています。

ボディカラーはブラック、オレンジ、グリーンの3色展開。背面パネルは取り外し可能で、パネルを交換したり、様々なアクセサリーを取り付けたりできます。

防水防塵性能はIP52レベル。

「CMF Phone 1」の価格

「CMF Phone 1」の8+128GBモデルの価格は17,999インドルピー(約3.5万円)。スペックを考えるとめちゃ安ですね。

やすスマ

米国では8+128GBモデルが199ドル

日本版の価格がどうなるか注目です。なお、日本発売日は未定とのことです。

「CMF Phone 1」のスペック

「CMF Phone 1」の主なスペックは以下のとおりです。

「CMF Phone 1」のスペック
  • OS:Android 14 (Nothing OS 2.6)
  • ディスプレイ:6.67 インチ(2400×1080)
  • SoC:Dimensity 7300
  • RAM:8GB
  • ROM:128GB/256GB
  • カメラ:REAR:50MP+2MP FRONT:16MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac/ax
  • 指紋センサー:○(画面内)
  • USB:Type-C
  • バッテリー:5000mAh
  • サイズ:77(W)x164(H)x8/9(D) mm
  • 重量:197g/202g

6.67インチAMOLEDでボディ幅は77mmと大きめです。ベゼルがどのぐらいの太さになっているか気になるところです。

なお、インド限定で6+128GBモデルがリリースされます。

\Nothing Phone (2a)が特価/

「CMF Phone 1」と「Nothing Phone (2a)」のスペック比較

「CMF Phone 1」と「Nothing Phone (2a)」のスペックを比較したものが以下のとおりです。

CMF Phone 1Nothing Phone (2a)
ディスプレイ120Hz 6.67″AMOLED120Hz 6.7″AMOLED
解像度2400×10802412×1084
SoCDimensity 7300Dimensity 7200 Pro
RAM8GB8GB
ROM128GB/256GB128GB/256GB
背面カメラ50MP+2MP50MP+50MP
前面カメラ16MP32MP
指紋認証画面内画面内
バッテリー容量5000mAh5000mAh
急速充電33W有線45W有線
サイズ(mm)77x164x8/9mm76.32×161.74×8.55
重量197g/202g190g

「Nothing Phone (2a)」は背面のGlyphインターフェイスが大きな特徴。対して、「CMF Phone 1」は背面パネルを取り外し可能です。

まとめ:Nothing「CMF Phone 1」はギミック注目のミドルスペックスマートフォン!

まとめ:「CMF Phone 1」はギミック注目のミドルスペックスマートフォン!

以上、Nothingの新型スマートフォン「CMF Phone 1」情報について紹介しておきました。

背面パネルが交換可能の興味深いギミックで、海外版の価格設定はめちゃ安です。

日本語版の製品ページが公開済みで、日本の発売日は未定と案内されています。よって、日本発売は確実でしょう。

「CMF Phone 1」の日本発売に向けた続報を楽しみにしておきたいところです。

本記事の内容が参考になれば幸いです。

\話題のデータ無制限プラン/

「CMF Phone 1」アンケート

「CMF Phone 1」についてのアンケートを実施しています。よろしければ投票してみてください。

「CMF Phone 1」アンケート

「CMF Phone 1」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

おすすめ記事

「CMF Phone 1」情報をご覧頂いた方におすすめの記事を用意しました。ぜひ合わせてご覧ください。

SOURCE

Nothing Japan
CMF Phone 1

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次