良バランス?「motorola edge 50 fusion」は144HzエッジカーブAMOLED搭載のミドルスペック【日本発売期待】

リンクの一部には広告が含まれています。

この記事にはモトローラの新型スマートフォン「motorola edge 50 fusion」の海外発表情報を紹介しています。

やすスマ

どうも、ガジェットブロガーのやすスマ(X:@yasu_suma)です。

日本でもお馴染みのモトローラのedgeシリーズの新モデルが発表で注目です。

目次

「motorola edge 50 fusion」は144HzエッジカーブAMOLED搭載のミドルスペック【日本発売期待】

「motorola edge 50 fusion」は144HzエッジカーブAMOLED搭載のミドルスペック【日本発売期待】

モトローラは、2024年4月16日に新型スマートフォン「motorola edge 50 fusion」をグローバル発表しました。

他にも「motorola edge 50 ultra」、「motorola edge 50 pro」も同時に発表されています。

144Hz対応のエッジカーブ有機ELディスプレイ

144Hz対応のエッジカーブ有機ELディスプレイ

「motorola edge 50 fusion」は、144Hz対応の6.7インチ有機ELエッジカーブディスプレイ(2400×1080)を搭載。

ハイリフレッシュレート対応で滑らかな画面表示が楽しめます。画面占有率は公称92%で、コンテンツへの高い没入感が期待できます。

スピーカーはステレオで、指紋認証センサーは画面内に搭載。

やすスマ

ディスプレイとSoCに違い(ダウングレード)有りの一部の市場向けモデルもあります。

4nm製造プロセス「Snapdragon 7s Gen2」

4nm製造プロセス「Snapdragon 7s Gen2」を搭載

「motorola edge 50 fusion」のSoCは「Snapdragon 7s Gen2」を採用。「Redmi Note 13 Pro 5G」にも搭載されていたSoCです。

AnTuTuベンチマークスコアは60万弱が予想され、ライトな用途であれば快適に動作するパフォーマンスを備えています。

RAM容量は12GB(LPDDR5)、内部ストレージ容量は256GB/512GB(UFS2.2)。大容量であることは魅力ポイントです。

OIS対応の5000万画素カメラを搭載

OIS対応の5000万画素カメラを搭載

「motorola edge 50 fusion」の背面には5000万画素(標準 LYT-700C F1.88 OIS)+1300万画素(120°広角 F2.2)のデュアルカメラを搭載。

OIS対応の50MPカメラ搭載が大きな特徴で、望遠カメラは非搭載です。

大容量5000mAhバッテリー&68W急速充電

大容量5000mAhバッテリー&68W急速充電

「motorola edge 50 fusion」のバッテリー容量は5000mAhで、68Wの急速有線充電に対応。68W充電対応のACアダプターが同梱されています。

大容量バッテリー搭載で174.9gの軽量ボディが魅力的なポイントです。防水防塵性能はIP68レベル対応で使い勝手が良いです。

ボディカラーはMarshmallow Blue、Forest Blue、Hot Pinkの3色展開。

「motorola edge 50 fusion」の価格

「motorola edge 50 fusion」の価格は349ユーロ(約5.7万円)~。スペックや特徴を考えると納得感のあるユーロ価格です。

「motorola edge 50 fusion」のスペック・対応バンド

「motorola edge 50 fusion」の主なスペックは以下のとおりです。

「motorola edge 50 fusion」のスペック
  • OS:Android 14
  • ディスプレイ:6.7 インチ(2400×1080)
  • SoC:Snapdragon 7s Gen2
  • RAM:12GB
  • ROM:256GB/512GB
  • カメラ:REAR:50MP+13MP FRONT:32MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○(画面内)
  • USB:Type-C
  • バッテリー:5000mAh
  • サイズ:73.1(W)x161.9(H)x7.9(D) mm
  • 重量:174.9g

「motorola edge 50 fusion」の対応バンドは以下のとおりです。

「motorola edge 50 fusion」の対応バンド

2G: GSM2G: GSM band 2/3/5/8
3G: WCDMA band 1/2/5/8
4G: LTE band 1/2/3/5/7/8/18/19/20/26/28/32/38/40/41/42/71
5G: n1/n3/n5/n7/n8/n20/n26/n28/n38/n40/n41/n77/n78

「motorola edge 50 fusion」の対応バンドは充実の構成。そのまま日本市場にもフィットするレベルです。

\edge 40が特価/

まとめ:「motorola edge 50 fusion」は144HzエッジカーブAMOLED搭載のミドルスペック【日本発売期待】

まとめ:「motorola edge 50 fusion」は144HzエッジカーブAMOLED搭載のミドルスペック【日本発売期待】

以上、モトローラの新型スマートフォン「motorola edge 50 fusion」の海外発表情報について紹介しておきました。

全体的に派手さはないものの、バランス良くまとまったスペック構成です。6.7インチで軽量ボディで扱いやすいことは魅力になりそうです。

なお、グローバル発表時点で「motorola edge 50 fusion」の日本発売はアナウンスされていません。

「motorola edge 20 fusion」が日本発売済みですが、今後の動きに注目です。

本記事の内容が参考になれば幸いです。

created by Rinker
Motorola(モトローラ)
¥50,900 (2024/06/22 20:09:35時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ記事

「motorola edge 50 fusion」情報をご覧頂いた方におすすめの記事を用意しました。ぜひ合わせてご覧ください。

「motorola edge 50 fusion」アンケート

「motorola edge 50 fusion」についてのアンケートを実施しています。よろしければ投票してみてください。

「motorola edge 50 fusion」アンケート

「motorola edge 50 fusion」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

SOURCE

motorola edge 50 fusion

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次